念ずれば花ひらく

仕事、趣味について語ります。

ノイズ90%軽減?「Logicool MK295」で気持ちよく仕事できる!

今回は

Logicoolさんから発売されている

サイレントワイヤレスキーボードを紹介します。

www.logicool.co.jp

 

結論から申し上げますが、

このキーボード、画期的です。

 

私は現在Surface Laptop 4をメインPCとして利用しています。

パソコンの打鍵感やトラックパッドの操作感には満足していまして、

正直このままでいいかなと考えていました。

 

ただ仕事で数値を打ち込むことがあるので、テンキーは欲しいなと思っていました。

外付けテンキーって有線はあってもBluetoothや無線は少ない上に割高感あるなと感じ、テンキー付きキーボードを探すことにしました。

 

キーボードの種類は「有線」「無線」「Bluetooth」と大まかに3つありまして、

中でもBluetoothのラインナップは少ない印象でした。

社用PCではBluetoothが使えないものもあるそうで、

個人用途でしか需要はないのかもしれません。

まあセキュリティ上問題があるから、という理由だと思います、知らんけど。

ただUSBポートを使わずに済むというBluetoothにしかないメリットがあるんですよね。

 

今回MK295に出会ったこともあり、

Bluetoothキーボードは候補から外れました。

 

それでは本題に移ります。

「MK295」でググると出てくるこのキーボード。

 

普通のキーボードを

「カタカタ、カチャカチャ」だとすると、

 

K295は

「コッコッ、クリクリ」という感じで、

明らかに高周波の音が抑えられている印象です。

マウスのクリック音も同様に静かで、

Surfaceトラックパッドより音自体が抑えられています。

 

キーボードを打ってる感覚がないことを

心配している人もいるかもしれませんが、

このキーボードは打ちやすいです。

13インチノートパソコンに近いレイアウトのため、

最小限の違和感で操作できます。

おそらく慣れてくるでしょう、そんな感じです。

 

 

*注意点*

マウスの形状が左右対称になっているが故の違和感があります。

がっちり掴むと指や手首が痛くなる方もいらっしゃるかもしれません。

浅くマウスをつかむか、リストレストを利用することをお勧めします。

人によっては違和感なく握れると思います。

 

またWindows OSまたはChrome OS、USB-A搭載機種が使用条件となります。

Mac OS、USB-A非搭載機種では使えません。

今回紹介した商品に限らず、

パソコンの周辺機器はMac OS非対応のものも多くありました。

 

まとめ

 

ひと世代先に進んだキーボードとマウス、それがMK295なのかもしれません。

マウスも同時に検討しているのであれば、コンボが高コスパでおすすめです。

グラファイト、オフホワイトの2色展開となっていますので、

ご自身のパソコンの色に合わせると気持ちいいかもしれません。

 

初代メインPCだったSurface Pro 4から乗り換えた記事は後日投稿します。

 

 

ノートに棚おろしする

お久しぶりです。

 

仕事イヤイヤ期、イケイケ期を往復している最中ですが、

一人また同期が退職しました。退職代行で辞めたそうです。

本当にスパッと辞めれるんですね。

 

 

 

本題に入ります。

ここ最近、モチベーションの差が激しいんですね。

今日はりきって200件電話するぞーと思って仕事することもあれば、

マジでお客さんと話したくねーけど件数こなさないとな…と無気力なまま電話してることもあるんです。

前者の方が良いのは間違いないわけで、

 

こうも気持ちが切り替わるのはなぜか?

 

【無気力に陥る原因】と

【やる気が出てくる原因】は何だ?

 

と自問自答するようになりました。

 

仕事をこなしつつメモ帳の真ん中に線を引いて、

箇条書きでイヤイヤ期とイケイケ期両方のメンタル状態を書き出して、さらに気持ちが変わる瞬間とそうでない瞬間を、

 

①イヤイヤ→イケイケ

②イヤイヤ←イケイケ

③イヤイヤ→❌イケイケ

 

このように表して書いてみました。

 

②になる瞬間を徹底的に潰して、①になる瞬間を多くすれば、少なくとも仕事で苦しむことはないはず、と思ったんです。

 

あと③の❌を書いたのは、自分が気分を上げようとして騙そうとしている可能性もあるはずと思ったからです。

結論を言うと、ご褒美とか趣味がこれにあたります。

好きなラーメン食べたりツーリング行ったり、歌を歌ってストレス発散したところで、仕事に前向きに取り組めているかというとそうではありませんでした。

休日はスカッとするけど、寝て起きたら出社しなきゃいけない…

ダメ人間なので、休日楽しかったし仕事頑張るぞ!😤

とはなれなかったことに気付きました。

あくまで僕の場合、です 笑

 

ただ趣味嗜好は仕事以外の楽しみになので無駄だとは思いません。

ただストレス発散とまではいかないかなーということです。

 

今ノートをまとめている最中なので、いつか公開出来ればと思います。

 

あと

ワクチン2回目打ち終わりました。

1回目のような腕の張りはあります。

飛び込み訪問~商店街編~

こんにちは。

 

商店街に飛び込み訪問をして、名刺交換を行いました。

そこの商店街はなかなか活気があり、買い出しに来ている主婦や学校帰りの学生が立ち寄っていました。

ごめんくださーい、わたくし○○(企業名)の△△(PICOの本名)と申します

、、、といった具合に話していき、最終的に名刺交換にまでこぎつけるのがゴールなんですが、

1日目はゼロでした。

 

大学の新歓でキャッチをした経験がある方っていますか。

入学して間もない新入生に声をかけてサークルの歓迎会に呼んだり飲み会に誘ったり、ライン交換したり、、、

あれをふと思い出したんですよね。

キャッチも数を当たる人と狙い撃ちする人と分かれてて、私は後者だったなあと思い返しました。

前者のようなキャッチはできなかったです。

 

今の仕事はどちらかというと数を当たる手法を取っている(取らされている)ので、まあしんどいです。

怒鳴られないだけましですが、次々続々事務作業のように当たれたらいいのになーと思いました。

 

飛び込みをやった、というだけで今回はよしと思うことにします(笑)

次回以降、1件でも多く当たれるように頑張ります。

頑張るとは言ってません。

 

PICO🤖

入社4ヶ月目にしてモチベが完全消失した件〜後編〜

PICOです。

 

続編です。

 

 

「大して商材への興味がない」

バリバリのビジネスパーソンや金融系の仕事に就いている人が見ている、モーニングサテライトという経済番組があります。

内容は割愛しますが、放送する時間が朝5:45~7:00。

早すぎます。

マーケットに詳しい同期や上司から見た方がいいと言われたものの、これっぽっちも見ることが出来ていません。

 

ここでひとつ、思ったことがあります。

眠さを堪えて朝早起きしたら人よりマーケットに詳しくなれるかもしれないのに、睡眠をとっているということは、

モーニングサテライト <   睡眠欲

であり、

マーケット情報に言うほど興味関心がないのではないかと。

日経新聞で確認すれば良いと思ってる程度にしか考えられないのは、証券マンとして重要な何かが欠けていると思ったんです。

 

それくらいの情熱を注げられない時点で、証券マンとして市場価値を高めるのは限界があるんじゃないかと。

こんなんじゃ将来出世も出来そうにないなー、そう思ってしまいました。

 

 

「客の手のひら返しを受ける」

実はこれが一番モチベーションに影響している要因です。

 

こんな私ですが、新規のお客さんを獲得することができるようになりました。

10回以上接触してようやく口座開設できたお客さんだったこともあり、当時の私は余計嬉しかったんじゃないかなと思います。

ちなみにこのお客さんは、何度も熱心に連絡を取ってくれた私のことを気に入ってくれたそうです。

 僕:○○日までにお振込みお願いします

 客:分かったー、○○日ね!

遂に俺にも証券マンの階段を登る日が来たんだ!と心の中で思ってました。

 

 

振込の期日、入金確認が取れずお客さんに連絡したとき、

 客:やっぱ今投資するのは不安だから一度専門家に聞いて、それから考えさせてくれ

 

数日後、

 客:専門家から聞いたら特に問題ないそうだけど、まあ今はまだ無理だわーまた今度にしてください

 

ようやっと取れた1件の契約が宙ぶらりんの状態になってしまったのです。

こう返されてから、やる気は一気に冷めました。

私のフォローが足りなかったのか、熱意だけじゃ足りないものがあるのか真剣に悩みましたが、

お客さんの反応にも悪くなかったし、何より振り込む約束をお客さんの都合で断られたことが悔しかったです。

他人の考えまで変えることはできないとは言えど、私からしてみれば理不尽に断られているわけですし(しかも口座開設した後で)。

 

こんな営業やってらんねえわ。

 

この一言に尽きます。

 

〜まとめ、報告〜

最後は愚痴になってしまいましたが、いずれにせよこの業界で生き残り続けるのは難しいなと入社4ヶ月目にして感じました。

空元気、空やる気で定時まで仕事頑張る日が当分続きそうです。

 

そして報告になりますが、今後のキャリアのために他業種のビジネススクールに通うことにしました。

自分が好きな仕事、世の中に必要とされる仕事、達成感のある仕事は何かを考え、今この現状を変えたいという思いひとつで導き出した答えでした。

詳細については後日ブログにまとめる予定です。

お金はかかりますが、凡クラ証券マンで居続けるよりはマシだと信じてラストチャンスだと思って勉強していきます。

 

PICO🤖

入社4ヶ月目にしてモチベが完全消失した件〜前編〜

PICOです。

 

更新が滞りましたが、なんとか生きてます。

バイクの話は一旦置いといて、今回はお仕事の話です。

 

 

今年の4月に証券会社に入社しました。

自分にとって勉強になるし、お客様の支援もできる。

あと完全週休二日制で、そこそこ給料もいい。

それが叶うと思って今の会社を選びました。

 

ところが現在、表題のような状況です。

正直言って自分でも驚いてます。

休みだったらいいのに。達成感もなくしんどい仕事なんてできっこない。

そんな感じです。

 

あと夜が寝れません。

 

こうなった経緯については、以下の通りです。

今回は前編の記事です。

 

 

今いる会社では5月まで研修、6月から仮配属ということで実務が始まりました。

仕事内容としては、個人、法人向けの新規開拓営業です。

 

3ヶ月間のノルマみたいなものに向けて、

出だしは順調に行ってたのがここ最近自覚できるレベルで仕事が上手くいかなくなりました。

 

もちろん新人のぺーぺーなので技術や知識が浅いこともありますが、

具体的には

・基本断られる

・大して商材への興味がない

・客の手のひら返しを受ける

この順にメンタルへのダメージを受け続けてるのも一つの理由だと思います。

 

「基本断られる」

私は今証券マンとして営業をしているのですが、お客様に電話をかけて勧誘を行うとほぼ断られます。

当然警戒されないような話し方を研究し、スクリプトも固めて臨んだ結果お会いできたお客様もいました。

しかし架電した反応の99%くらいは、投資なんかしない、興味ない、二度とかけるな、のいずれかです。

たったの1%しか前向きな返事が貰えないのは、そこそこ辛い。

しかも新規開拓の名簿の最後まで電話したら、次の名簿、それが終わったらまた次の、と終わりがありません。

次の名簿でもお断り、留守電のオンパレードです。

上司からも基本断られると思って電話しろ、とは言われましたが、ここまでとは思ってなかったです。

実務が始まったその週で1人同期が辞めました。

気さくで勉強も出来る真面目な子でした。

 

残り2つは続編でまとめます。

 

PICO🤖

 

二輪教習 卒業検定

1ヶ月弱お世話になった教習所と、(上手くいけば)今回でおさらばとなります。

そう、落ちなければね、、、

 

当日の流れは、

学科教室の指定された席で待機

出席確認

説明、準備

検定走行

合格発表

となります。

 

目が充血している程度に寝不足でしたが、多少眠いくらいがちょうどいいときもあるよね(ない)。

ちなみに3人中1番目でした。卒検はじゃんけんで順番決めないのね、、、

 

走りました。

両足が緊張しっぱなしで、一本橋でブレーキ踏む意識がすっかり飛んでました。脱輪しなかったので一発OUTだけは免れましたが、目標時間ガン無視で走っていました、、、

 

降りた後、残り2人の走行を見学していました。CB400SFやっぱかっこいいですね。乗る前はあまりかっこいいと思わなかったんですけど、さすがロングセラーバイクです。燃費悪くても乗りたくなっちゃいますね。

アドレスV125の急制動、ちゃんと30キロ出てたんでしょうか、、、ってくらい遅そうに見えました。

二輪は遅く見えるというふうに教わりましたが、小型スクーターだとより遅く見えます。

 

私が通っていた教習所には電光掲示板がなく、指導員から直接告げられます。逆に嫌やわ。

結果、合格

目立ったミスもなかったと言われ、問題の一本橋もタイムクリアしていたようです。

他2人も合格。よかったです。

 

卒業証明書をもらってアンケート書いて、校長先生の話や免許センターの案内を聞いて帰宅。

1ヶ月弱に渡る教習所生活が終わりました。

 

今週までに免許の書き換えに行きたいですね。

バイクに乗るのはまだまだ先ですが、新しい趣味のひとつとなりそうな予感がします。安全に楽しみたいです。

 

PICO🤖

二輪教習 2段階7~8時限目(みきわめ)

今回で2段階の教習が全て終了しました。

 

7時限目では苦手な項目を重点的に復習走行をし、8時限目は実際に検定を想定した練習をしました。

7時限目ではまさかの波状路を体験することになったのですが、説明も軽く済まされいきなり突っ込んだ結果、エンスト、転倒しました。

大型しか波状路やらないって言ってたやん、と思いましたが、2回目の波状路半クラキープでなんとかクリアしました。

と思ったら細い一本橋も走ることになりました。

この時間は指導員のペースが早いこともあり、とにかく走りこみましたね。今日2時間連続なのに、前半1時間でまあまあ疲れました。

普通二輪は波状路やらないんでしょ?と思っていた方は気をつけてください。教習所によると思いますが、、、

 

みきわめの時間は無線機を使って検定コースを2パターン走行しました。

ペアで前後を決めて、1周したら交代、指導員は数m後ろから無線機で指示しながらついてくる、といった内容です。

てか無線機片手にバイク乗る指導員すげえな、、、

みきわめは検定で受かるかどうか、を基準に見ているようで、模試と解説みたいな感じですね。合図や一時停止のタイミングを教えていただいたり、課題走行の最終チェックも受けました。

 

ここまで教習を受けて感じたこと、、、

「1時間で課題が2回以上クリアできたらハンコもらえるな」

違っていたらすみません。

 

第2段階が終わりました。

次回、卒検合格なるか。

 

PICO🤖